乳歯のケアは一生歯の健康を守る一歩

乳歯の虫歯治療とご家庭でのケア

虫歯の状況に適した治療

虫歯と言っても進行状況によって治療が違います。
初期は白く浮き出た感じになります。薄く柔らかいエナメル質が解けてカルシウムが溶け出して、脱灰してきてる状態です。脱灰修復を繰り返しますと、虫歯は脱灰し続けてる状態です。表面が白く浮き出た感じだけであればフッ素加工で虫歯抑制します。少し穴が開いた状態であればプラスチック素材を詰めて治療します。神経に達した虫歯は神経を抜く、根管治療になります。
抜歯はその後の永久歯にも影響してきます。隣の歯が寄って永久歯が生えてくるスペースが狭くなり、歯並び・かみ合わせにも関係してきます。根管治療で機械の音・器具を見て歯磨き・歯医者さんが嫌いにならないように日頃からサポートしましょう。

虫歯予防で虫歯ゼロ

乳歯の虫歯進行はとても速いです。歯医者さんで適切な予防で進行抑制できます。また、ご家庭でもケアポイントがあります。虫歯予防では何をするのでしょうか。
歯医者さんで定期的なフッ素加工でエナメル質強化になります。普段見落としがちな部分も丁寧にブラッシングしてもらえます。奥歯の溝はプラスチック素材を埋めると汚れが溜まらず安心です。唾液もお口・歯の状態をしる重要な事です。虫歯菌量・プラーク状態などが分かり食生活・御家庭のケアアドバイスがもらえます。歯医者さんだけに頼らずセルフケアも大事です。隙間・奥歯はフロス・先が細いブラシで磨きます。フッ素入り歯磨き粉・デンタルリンスを使用すると日頃からエナメル質強化に繋がります。酸を抑え再石化を促すキシリトール入りタブレット・ガム・飴なども効果があります。
乳歯の虫歯は甘く考えていると永久歯、将来の食生活・健康を左右する事が分かります。