乳歯のケアは一生歯の健康を守る一歩

乳歯ケアは永久歯も守る

乳歯の虫歯進行

乳歯虫歯は艶がなく白く浮いてる感じです。乳歯虫歯はエナメル質が薄い・酸に弱い・柔らかいので進行が早く5から6ヶ月で神経までやられてしまいます。
見えずらい歯の隙間が虫歯になりやすいです。0歳から2歳は歯の隙間・歯のつけ根、3歳以降は奥歯溝・奥歯の隙間・六歳臼歯です。常に哺乳瓶で甘い物を飲ませていると哺乳瓶虫歯になりやすいです。
乳歯虫歯は抜けるからと治療を放置していると、痛くて噛めない状態で唾液分泌が少なく硬い物を嫌い偏食になったり、永久歯の歯並びに影響してきます。乳歯の健康は永久歯の歯並びから心身・顎の成長、栄養吸収に関わる重要な事です。
逆に永久歯はエナメル質が厚いので大人になると虫歯に気づかない事があります。

乳歯の虫歯になりやすい箇所

永久歯と同様隙間・溝が虫歯になりやすく、特に奥歯の隙間は歯ブラシが届きにくく汚れが残りやすいです。前歯は見える所なので良くブラッシングできてる気がしますが見落としがちです。哺乳瓶でミルク・甘い物を与えます。そのまま寝てしまって唾液分泌が減り虫歯菌増殖になります。歯茎は柔らかく、食べかすが挟まりやすいです。
乳幼児のブラッシングは口・歯が小さく歯ブラシが届きにくく、磨きづらいので大人が気を付けなくてはいけません。先が細いブラシ・フロスなどでしっかり汚れを落としましょう。子供が自分で楽しく嫌がらず歯磨きできるまで、できるだけサポートしましょう。大人が頑張りすぎると子供は変なプレッシャーで歯磨き嫌いになってしまいます。不安な場合は歯医者さんにアドバイスをもらいましょう。